ソープランドでポン!~風俗は地球を救う~

風俗で世界平和、ひいては地球を救うと本気で思ってるおっさんのソープ考察

衆議院が解散した時は

演説する立候補者

衆議院が解散、そして総選挙となると世間は誰が立候補するかでもちきりになります。しかし選挙というのは誰でも気軽に立候補できるものではありません。最低でも300万円のお金がなければ立候補できないのです。これを供託金といいます。

特に、衆議院のように世間の注目度が高い選挙では、売名を目的とした立候補も少なくありません。供託金はそういった立候補者の乱立を防ぐための制度です。

供託金は当選、あるいは一定の票数を獲得できれば手元に戻って来ますが、そうでないと全額没収となります。もともとの支持者が少ないと、この没収に怯えて立候補を躊躇するのが普通であると考えられます。300万円を捨てる覚悟のある人物などそうそういるもんではありません。

お金持ちでなければ選挙に出る事さえできない、これが民主主義と称する国、日本の現状です。立候補者の乱立を防ぐ為とはいえ、これは改善の余地があるように感じられます。選挙に出なければ何も始まりません。

そこでお金に余裕がある庶民はいないかと思案した結果、私の中で候補に挙がったのが風俗嬢です。主張すべき事は供託金を5万円位にまで引き下げる事、さらに風俗業界などの社会的弱者に対する手厚い保護、そして現在違法となっている性器の挿入を合法化する等です。

水商売に携わる人の多くが投票すれば、もしかしたら奇跡の1議席を獲得できるかもしれません。たった1議席では法律を変える事は出来ませんが、遠い道のりもまずは最初の一歩から始まります。この流れが各地で広がって行けば政権をとるのも夢ではないでしょう。