ソープランドでポン!~風俗は地球を救う~

風俗で世界平和、ひいては地球を救うと本気で思ってるおっさんのソープ考察

雄琴のソープを訪れるなら、冬が一番適した季節

温泉

滋賀県大津市にある雄琴地区といえば、やはり温泉とソープランドが有名です。温泉があったところにソープランドが出来て、それが有名になりすぎて一時期は完全に立場が逆転していたというほどで、雄琴のソープ街は関西地区を代表する風俗街と言えるでしょう。

さて、雄琴の魅力といえば上記の通り温泉とソープランドなわけですが、その魅力を余す所なく楽しむとしたら、いつ訪れるべきなのかというのはとても重要な問題です。そもそもソープランドは年中無休で、休むとしたら年末年始か摘発された時ぐらいなものです。年がら年中楽しめるというのもソープランドの良い所なのですが、やはり適した時期というのがあるのではないでしょうか。

では、雄琴のソープランドを満喫するために適したのはいつなのか。これは間違い無く『冬』ではないでしょうか。雄琴は、冬になると比叡山からの冷たい風が吹き下ろしてくる地形になっていて、気温よりも寒く感じられる地域です。しかも、反対の琵琶湖からは、湖で冷やされた空気が入り込んで来ますから、気温的には京都と対して違わなかったとしても、感じる寒さはひとしおなのです。この地形条件からか降雪自体はそう多くはなく、降るとしても年に数回といった具合ですから、寒いだけで別段交通の便が悪くなるわけでもありません。だからこそ近場の温泉にも訪れやすくまた気持ち良く入れるというわけですし、温泉が引かれているわけではないにしろ暖かいソープランドもまた楽しめるというわけです。

雄琴に限らずソープランドのかき入れ時というのはボーナス直後や大型の休みが取れる時期。そうなれば、冬のボーナスが出る12月~1月というのはソープ業界全体の繁忙期であり、雄琴のソープランドもそれに準ずるということになります。この時期は集客に力を入れる時期でもありますから、イベントなども増えて、普段とは違う遊び方も出来ますし、女性の出勤も増えますし、新しく入店する女性も多くなりますし、兎にも角にもとても活発な時期と言えます。

比叡颪で身も心も冷え切った体をソープランドで優しく温めてもらえるのはこの時期ならではの快感です。雄琴はソープランドの質自体もわりと高めですし、建物も大きく浴室も広く豪華な気分を味わえます。寒い雄琴で身も心も温まるサービスを堪能したあとは、雄琴の温泉地によって冬の名物である鴨鍋を堪能していくもよし、温泉に入り直すもよしというもの。ソープランドだけではなく、雄琴という土地を楽しむのに冬は最高の季節と言うわけです。